マイナチュレシャンプー
>>無添加シャンプー<<

女性は30代になると、エストロゲンが減少し、その結果、薄毛や抜け毛など髪の毛に変化が生じてきます。

 

・髪の老化

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性らしい肉体を作り、妊娠や出産にも関わってきます。

女性ホルモンの分泌量は20代後半でピークに達し、30代になると次第に減ってきます。

30代でも十分に分泌されますが、バランスが崩れていれば、髪が老化し、抜け毛が起こってしまいます。

 

・瀰漫性脱毛症

男性のように生え際や頭頂部が薄くなるのではなく、全体的に髪の毛が薄くなるのが、瀰漫性脱毛症です。

かつては、閉経後の女性や初老の女性に多く見られた症状ですが、最近は30代でも見られるようになりました。

街を歩いていても若いわりに髪のボリュームが少ない女性を見かけると思います。

 

・ストレス

最近、仕事を持つ女性は増えており、会社から求められる役割も重くなっています。

その他とも関わりもあるため、慢性的なストレスを抱える傾向にあります。

そのストレスが、筋肉の緊張や血行不良につながり、髪の毛に必要な栄養が頭皮に運ばれくなり、髪の毛の成長が鈍くなります。

女性の方が男性よりも忍耐力がありストレスに強いと思われがちですが、実際のところは女性の方が多くのストレスを抱えています。

 

・生活習慣

上記のようなストレスも要因の一つとなっているのでしょう。

ストレスに伴う飲酒やタバコの影響も無視できません。

また、ダイエットによる栄養不足も抜け毛を助長することになります。

マイナチュレシャンプー
>>無添加シャンプー<<



管理人のユカです。

あっという間にアラフォーに。子育てもあと一息。

自分の時間を作って楽しみます^^ 産後のひどい抜け毛に悩んでいましたが、諦めずコツコツと頭皮ケアを続けています。

© 2018 女性 抜け毛がひどい rss